WORKFOLW(制作の流れ)

ヒアリングイメージ図

ヒアリング

お客様からのご要望や課題・目的・方向性・ご予算などを詳しくお聞ききし、情報を共有したうえで、状況を整理・確認いたします。

→詳しくはこちら

ご提案イメージ図

ご提案

ヒアリング後、整理・確認した内容を元に弊社よりデザインプランやお見積りをご提案させていただきます。
この段階で充分なご検討いただくためにデザインバリエーションやコスト(予算)を充分に考慮させていただきます。

→詳しくはこちら

制作イメージ図

制作

ご提案とお見積書をご確認・ご了承いただきましたらデザイン制作開始となります。制作行程でも都度、お客様のご要望を伺いながら、内容や仕様を調整し、印刷物・WEBサイト・動画映像コンテンツを仕上げます。そして、最終確認が完了後、印刷物ならば印刷会社・加工会社へ入稿となります。

→詳しくはこちら

納品イメージ図

納品

印刷物は検品後、お客様のお手元に納品し、WEBサイトはご指定のサーバにアップロードして公開後、確認して納品完了となります。
映像・動画コンテンツの場合はご指定のデータ形式に仕上げ各種メディア(DVDなど)に複製して納品となります。

→詳しくはこちら

サポートイメージ図

サポート

印刷物の増刷・再版や、新規企画のご提案、WEBサイト更新作業などにも迅速適正に対応させていただきます。
また、ネット環境やソフトウエアの使い方などの質問を承っております。ソフトウエアの技術指導やセミナーの開催なども承っております。

→詳しくはこちら

「制作の流れ」のポイント

「企画」について

「企画」とは最初の段階では具体的でないことが多いです。
例えば、「商品をたくさん売りたい!」「企業イメージをアップしたい!」
「ホームページをもっとカッコ良くしたい!」など
具体的にどうするかが絞り込めていない段階です。
要件や要望を明確にしてから相談するべきだと考えておられる方が非常に多く、
曖昧な段階では相談するべきではないと考えておられます。
しかし、それは違います。「企画」とは本来曖昧でぼや~っとしているモノなのです。
むしろ、そういうまだ明確な表現や方向性が定まっていない状態でこそ
ご相談していただきたいと考えています。
お客様と同じ目線に立ち、同じ方向性を向くことで目的を見定める準備が整います。
ぜひ、無理難題をご相談ください。
決して、「こんなことを相談したら失礼かな?」
「予算もないから引き受けてもらえないかな?」と考えず、
「この企画は絶対に素晴らしい!」「モノは間違いないのだからあとは伝え方だ!」と
自信を持ち前向きに捉えてください。
その気持ちこそが優れたデザインを生み、
市場やターゲットから共感され支持されるお客様の魅力の核となるのです。

「お見積り」について

制作スケジュールと合わせて「制作コスト(お見積り)」は
成果物の方向性を決める大きな要因のひとつです。
予算を決める場合、可能な限り安価でより効果的な成果物を購入したいと考えるのは通念です。
実際、印刷物を制作する場合には必ず「印刷費用」がかかり、
それは用紙代や印刷機の使用、技術料です。
専門的な製本などの加工が必要な場合は印刷費用に追加されます。

また、デザイン制作を進めるうえで、
写真(映像)撮影やイラストレーションなどのオリジナルコンテンツが必要な場合は
デザイン費用に合わせて素材制作費用が発生します。
そして、実際にデザインデータを制作する技術費用と制作時間を合わせて「お見積り」となります。
当然、特別なテクニックや稀少価値の高い素材を採用するとなれば別途費用がかかりますが、
それらの費用が本当に必要か否かについても想定したうえで「お見積り」を制作しています。
逆に「予算ありき」のケースも多く、
むしろ、予算に合わせた成果物を要望されるケースこそ、
デザイン制作会社が底力を発揮する真骨頂だと捉えています。

発注頂いた後は技術力と製作時間の勝負なのです。
ただ、どんな仕事にも「相場」というゾーンが存在しますから、デザイン制作費用も同じです。
これらを充分に検討・比較しながら「よりお値打ち」な仕事を目指しています。

「最終確認」について

制作行程で納品期日(締め切り)は何よりも優先しなければなりません。
生産工程スケジュールを適正にするためには
「制作費用」とのバランスをしっかり見極める必要があります。
また、これらの制作行程の中で「最終確認」とは
買い手の要望とつくり手の対応が完結し合意した状況です。
特にデザインの仕事には正解がありません。
締め切りが迫っているから無理やり合意してもお互いに違和感や後悔が残ります。
そうならないために、「ヒアリング」段階から全力でお互いが向き合う必要があるのですが、
それをお客様に強いることはできません。
心地良い達成感と満足感が得られるような「最終確認」を目指しています。

スタジオ紹介

ECサイト「CUBE」紹介動画です。

ナレーション音声サンプルです。

おすすめコンテンツ

動画(映像)制作

VRコンテンツ

ドローン撮影

3DCG

イラストレーション

アクトの営業案内パンフレット

営業案内パンフレット

TWITTER@スギノヨシカズ

PAGE TOP