納品

印刷物の「納品」行程とは成果物である印刷物や看板などを現場に設置・配達して完了します。折り込みチラシならば折り込み業者様に配達して納品完了です。
納品前には検品をして仕様や数量に間違いがないかを確認後、納品します。

また、ホームページの「納品」は一般的にレンタルサーバに完成したHTMLデータをアップロードして公開すれば納品完了となりますが、印刷物とは違い、公開したホームページの確認作業が必要です。
制作したHTMLデータがブラウザで正しく設計通りに表示されているか、機能上の欠陥がないか等を確認しなければなりません。現在、ホームページを閲覧するブラウザの主流はPCの場合、「グーグルクロム」ですが、他にも「エッジ」「サファリ」などいろいろなブラウザがあります。タブレットでもiPadなら「サファリ」ですし、iPhoneとアンドロイドではブラウザが異なるため、やはり、サーバにアップロードした後はこれら一般的に普及しているデバイスで表示や動作確認してから納品完了となります。

動画(映像)制作の場合はモニターやプロジェクターで適正にご要望どおりの再生を確認して納品完了です。この際、文字の間違いや動画映像の不具合などは勿論のこと、映像の画質や音声の適正化、また、再生するデジタル機器との相性などもすべて確認した上で会場での表示や音声の確認後、納品が完了となります。DVDやBLU-RAYのメディアで納品する場合も、パソコンと一般的な再生プレイヤー機器で映像と音声を確認してから納品します。

発注の際のお客様からのご要望が達成できていることは当然のことですが、お客様からのご要望以上のものを制作し、ご満足いただくことを目標にしております。

スタジオ紹介

ナレーション音声サンプルです。

おすすめコンテンツ

動画(映像)制作

VRコンテンツ

ドローン撮影

3DCG

イラストレーション

TWITTER@スギノヨシカズ

PAGE TOP